好きになったら、よわくなった。

30歳。女。よわよわ。

親知らずのこと。抜歯を決意するの巻。

親知らず。抜くか抜かないか。

 
抜きなさいって人もいるし、抜かなくてもいんじゃね?っていう人もいるし。
 
どーすればいいんだよってぷりぷりしてたけど、30歳記念に抜きました。
 
やっとぜんぶ抜けたので、ここで振り返りたいと思います。
 

きっかけ

私はもともと歯が丈夫で虫歯にはほとんどなったことがありません。
歯医者に行っても歯石を取って終了。なので歯の痛みとは無縁。
 
そんな中、体調が悪かったり忙しかったりすると口の奥で違和感が…
歯ではなく歯茎が痛いという症状でした。しかもちょうどそこは親知らずがありそうな箇所。。
うーん、と思い、近所の歯医者へ。
 
レントゲンを撮ってみると、ばっちり親知らずが写ってました。しかも下の親知らずは真横向いてるーー!
 
歯茎の違和感も真横親知らずが成長してるからみたい。
このまま成長すると、前の歯を押して歯並びにも影響するとのこと。。ひー。
違和感があるなら早めの抜歯を勧められて決意に至りました。
 

大学病院へ。

近所の歯医者では真横親知らずは対応できないと言われ、大学病院の口腔外科へ行くことに。

土曜午前に初診受付あったので、早起きしていざ大学病院へ。

口腔外科内はずらりと診察台が並んでいます。抜歯もここでしますとのこと。

担当の先生は女性、かわいい、しかも若いー!よろしくお願いします。

 

 

もう一度レントゲンを撮られ、抜歯についての説明を受けます。

上下合計4本の親知らずがあったけど、まずは違和感が出てた下の親知らずを抜歯することに。

下の親知らずは2本とも埋没しており、しかも真横を向いてたので、手術になります。

 

手術の説明、手術法からリスクまでとてつもなく詳細!手術なのでぜんぶ理解し、承諾する必要があるので仕方ないです。

真横親知らずの抜歯は、簡単に言うと歯茎を切り、骨が邪魔なら骨を削り、発掘された親知らずを二つに分割して取り出す。

これって、口腔内の工事だよ。。

リスクは神経が通ってる部分を工事するので、神経を傷つけると痺れが残ったりマヒしたり。。

あと、骨を削るので腫れる。顎関節症が悪化したり発症したり、などなど。

 

頭の中で想像したら恐怖に陥り、一気に貧血。。クラクラ、吐き気、ううー。

今までほとんど歯医者に通ったことがない私にはハードル高すぎます!

神経ってなんですか?目に見えるんですか?ってレベルですよ。

 

でも、もっと年を取ると抜くのが大変になるみたい。

ここまできたら抜くしかないっ!とえいやで手術同意書にサインしました。

 

さてさて、手術日の予約。

そこまで不覚に埋まってないけど歯が大きい右下と、神経に近い奥深くに埋まってる左下。

まずは比較的簡単そうな右下から抜くことにしました。

 

手術は土曜にはできず平日のみ。腫れると言われたので3連休前の平日を予約しました。うーん、こわすぎる!!